メガネは視力矯正だけでなく、お洒落なファッションアイテムとしても役立てることが出来ます。これからメガネに関する知識やおすすめの活用方法などを紹介していくので、覚えておいてメガネ選びの参考にしてください。

知っていると役に立つかもしれないメガネの知識

新しくメガネを購入する際、デザインの多さに迷ったことはありませんか?選択肢が沢山あるのはいいのですが、その中からベストなものを選ぶのは意外と難しいものです。ここでは、顔型別のメガネの選び方や使われている素材などを紹介していくので、ぜひ役立ててください。

似合うメガネの選び方

最近は視力矯正のためだけではなく、ファッションの一環としてメガネを身に付ける方も増えてきました。しかし、ファッションアイテムとしてメガネを身に付けてみたものの、どうもしっくりこない、似合ってない気…

More Info...

メガネに使われる素材とは

従来、メガネと言えば金属製やプラスチック素材が主流でした。しかしながら、金属製は重いので使っているうちに肩が凝ってしまったり、プラスティック製は傷つくやすく脆弱であるというデメリットがありました。…

More Info...

メガネに関する豆知識

メガネは使い続けていると、鼻あて部分が、どんどんと劣化してしまいます。鼻の脂のせいで黄色くなってしまったり、金属部分が錆びて緑色になったりします。劣化による変色は、他者から見ても分かりやすいので、…

More Info...

>

メガネは昔より安く作る事ができる

メガネに関する気になる疑問

使わなくなったり、壊れてしまったメガネはどうしたらいいのでしょうか?ただ処分するのも良いのですが、何か有効利用する手段があるかもしれません。ここでは、メガネに関する様々な疑問を解決していくので覚えておくと得する場面があるかもしれません。

使わなくなったメガネのお得な処分方法とは?

メガネは視力矯正にはもちろん、おしゃれ小物としても役立つ存在です。メガネのデザインにも流行がありますし、度数が変化するなどで新しいものに買い替える人も少なくありません。そして、使わなくなったメガネ…

More Info...

メガネの修理費用は?

愛用しているメガネが壊れた際に、新しいメガネを購入するのではなく修理して再び使いたいと考える方も多くいます。メガネの修理費用は壊れ方や修理する箇所で費用が異なります。フレームが折れた場合でも、金属…

More Info...

メガネフレームの再利用はできるのか?

フレームの持ち込みが可能なお店も多い

視力が低下し度が合わなくなってしまったり、レンズに傷がついてしまったら、メガネの買い替え時だといえます。傷のついたレンズは見た目がよくありませんし、度が合わないメガネを使用していると疲れ目やドライアイといったトラブルが起きるかもしれません。しかしフレーム部分が傷んでいない場合、まるごとメガネを買い替えてしまうのは、もったいないものです。フレーム部分に問題が無いのなら、再利用して使用することができます。レンズ交換に対応しているお店へ持ち込めば、同じフレームを使い続けることができるのです。お店によっては、他社メーカーのフレームをレンズ交換の対象外としている場合もあります。事前に確認をした上で、レンズ交換を依頼しましょう。

メガネフレームを再利用する際の注意点

レンズ交換をしてフレームを再利用すれば、メガネの買い替えにかかる費用を大きく削減できますし、お気に入りのデザインを長く使い続けることが可能です。様々なメリットがあるレンズ交換ですが、いくつか注意したいポイントも存在しています。レンズ交換の加工によってフレーム本体に傷がついてしまっても、補償を受けられない可能性があるのです。傷がついたり破損する可能性はほとんどありませんが、万が一の際にも補償されないかもしれない、という点は頭の片隅に置いておくと良いでしょう。またフレームのデザインによっては、レンズ交換ができない場合もあります。構造がもろく加工に耐えられない、と判断された場合などです。またレンズ部分が非常に小さいもの、特殊な加工をしているものなども、交換が難しいとされています。

© Copyright Glasses Vision Correction. All Rights Reserved.