メガネの修理費用は?

壊れ方や修理する箇所によって修理費用は異なる

愛用しているメガネが壊れた際に、新しいメガネを購入するのではなく修理して再び使いたいと考える方も多くいます。メガネの修理費用は壊れ方や修理する箇所で費用が異なります。フレームが折れた場合でも、金属フレームであれば5千円~1万円程度で修理する事が可能です。しかし、プラスチック素材のフレームは折れてしまうと修理する事が出来ない商品が多いので注意が必要となります。また、レンズに関する修理は受け付けていない店舗がほとんどとなっています。フレームが無事であれば、レンズ交換のみで済ませられるのでフレームを持って店舗まで相談しに行くと良いでしょう。最も気を付けなければいけないのが「高級ブランドのメガネ」です。高級ブランドのメガネは、専用のパーツが使用されていたりするので、一般的な修理より高くなる傾向があります。

無料で修理・メンテナンスをしてもらえる箇所もある

フレームが折れたりレンズが割れた場合は修理や新しく買い直す事になりますが、ちょっとしたフレームの曲がりやフレームのネジ、鼻パッドの交換を無料で受け付けている店舗も存在します。フレームの曲がりを放置しているとメガネがずり落ちる原因となるので、定期的にメンテナンスを受ける事が大切となります。その際のフィッティングで長時間メガネを着用しても疲れないように調整してもらいましょう。意外と知られていないのが「ネジ」「鼻パッド」の無料交換です。ネジをなくしてしまったからといってテープや接着剤でフレームを固定しないようにしてください。お手入れを忘れがちになる鼻パッドは、汗や埃等の汚れが溜まりやすく知らない間に落ちない汚れが付着しているので、気になる場合は交換してもらいましょう。

めがねの形や色を変えると顔の印象はだいぶ変わってきます。機能面だけでなく、服装や場所に合わせてファッション面でも楽しみましょう。

© Copyright Glasses Vision Correction. All Rights Reserved.